×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ 2幕目の8 雪姫の病状悪化に悩む一向でござる ■


キーパー
 夕餉の席で茜丸が「資久様、旅出の支度、整いましてございますが…」
 といって、昼間の虎ちゃんとの一件が報告される。

虎五郎
 ごほっがふっ。

相楽
「…そう言えば雪には何も言ってなかったな」

キーパー(茜丸)
「はい、だいぶ気にしておいでのようで」

虎五郎
「い、行きたがってたよ」ごふげふ。
 吹いちゃった飯を拾ってって食べてる。


キーパー
 そこ。(笑)

相楽
「少し失礼する」といって雪のとこに行きます



--------------------------------------------------------------



キーパー
 では、雪の部屋です。
 障子の奥から、乾いた咳が聞こえてきます。

相楽
「雪よ、入るが良いかの?」


キーパー(雪姫)
「お父様ですの?
 少しお待ちになって」
 ごそごそもさもさ
「どうぞ、お入りくださいまし」

相楽
 んじゃあ障子をカラリと開けて中へ。

キーパー
【ダイス】GM -> 1D100 = [100] = 100
 ……。

風見
 うお。


虎五郎
 …。


相楽
 なにそれ?


風見
 ファンブル。

沙良
 …。

キーパー
「いかがなさいましたの? 夕餉の時間で…」
 と言ったところで顔色が変わり、激しく咳き込んでその場に倒れ伏す。

虎五郎
 発作だー!Σ( ̄□ ̄;)


相楽
「誰か!誰か雪の薬を!」と声をあげるよ。


キーパー
 ひゅー、ひゅーと喉から引きつけるような音が漏れる。
【ダイス】GM -> 1D6 = [5] = 5
 HPが2になりもうした。

風見
 あじゃ〜。


相楽
 こりゃ動かせるのかなぁ。

キーパー
 では、家人が慌てて駆けつけ、薬湯など与える。

風見
 ここで死んだらエンディングか、やはり?


虎五郎
 _| ̄|○


相楽
 とりあえず抱えて寝床に運ぶ。

キーパー
 では、家人の「応急手当」を…40%でふってくだされ。
 誰かが代行しても良いけど。

相楽
 茜丸の方が上手いな。
 70%ある。(笑)

キーパー
 使える男だ。(笑)

相楽
 うちの食客たちに他に応急手当要員いたっけ?


沙良
 なし。


風見
 俺はデフォルト。


ベンジャミン
 デフォルトデース。

キーパー
 デフォルトが30%だからね。
 医術があれば、そっちの方が良いんだけども。(笑)

虎五郎
 あい。


相楽
 虎はいくつ?


虎五郎
 70。


キーパー
 うお。(笑)

相楽
 一緒か。(笑)


虎五郎
 少し医術に振っとけば良かった。(笑)


相楽
 じゃあ応急手当だな。


キーパー
 ではどちらか判定を。

虎五郎
 ヤル?


相楽
 じゃあ虎たのむ。


虎五郎
「おちつくな、あわてろ!」(`・ω・´)ノ


キーパー(茜丸)
「わかった!
 大あわてモード起動!」

虎五郎
「あ、言い間違えた。ごめん(笑)」


キーパー
「えらいこっちゃえらいこっちゃー!!」

虎五郎
「こういうときはこうやってー…。
 とぉりゃ!ってすればいいんだ」
【ダイス】Toragorou -> 1D100 = [47] = 47

風見
 OK。(笑)


相楽
 えらい!

キーパー
 では1D3ポイント回復。

相楽
 回復値も虎で。


キーパー
 どぞー。

虎五郎
 おりゃー。
【ダイス】Toragorou -> 1D3 = [3] = 3


キーパー
 おおお。

相楽
 えらい!


キーパー
 HP2→5。
 比叡山で身につけた応急手当術によって、彼女の呼吸が徐々に落ち着いてくる。

風見
 そういうものか。(笑)


相楽
「虎どの膳にもう一品おつけしろ!」


虎五郎
「わぁい♪ヽ(▽⌒ヽ)(ノ⌒▽)ノ♪
 …よく、こうなるのか?」>資久


相楽
「うむ…どんどん酷くなっておる」

虎五郎
「連れてくの無理かな…」もぐもぐ


風見
「何か、彼女の負担になるような事でもあったのか?」


相楽
「皆目わからん」


沙良
「ちょっと怖いですね」


風見
「普段から病に気を使ってるだろうに、急にこうはなるまいが」
 まさかダイスが100だとは言えんしなぁ。(苦笑)

相楽
 んー、キーパー。
 見た目でなんか解る?

キーパー
 そう言われると「医術」判定と言わざるを得ないんだが。

相楽
 デスヨネ
 1%しかないよ。


風見
「掛かり付けの医者なり連れて行く方が良いかもしれませんな……」

相楽
 連れて行くより呼びたいな。
 無駄に体力使わせたくない。
 こうなると旅も厳しい気がしてきたよ…。


虎五郎
 発作起こすだけでHP減るもんなぁ。


風見
 うーん、連れて行くのは無理かな。


キーパー
「祈って治せ」
 さすが戦国時代!
 …というのは冗談だけども、彼女は判定にファンブルすると「窒息状態」になると思いねえ。
 そのたびに1D6ダメージってのは正直、ルール的にどうかと思うが仕方ない。
 RQだと窒息って1D3ずつだった気がするんだがなー。

風見
 それ程酷いと言う事でしょうね。

虎五郎
 滅多にしないからファンブルなのよのぅ!


相楽
 ただでさえ体力ないから一度の発作が致命傷になる。


キーパー
 コンスタントにHP回復する手段を確保できれば、良いのだけどもね。

風見
 いや、ぶっちゃけロールで100出したら最高のダメージが出てもおかしくないですからなあ。


キーパー
 まあそうだね。(笑)

風見
 たぶん俺がキーパーなら最高ダメージを採用する。


キーパー
 ひえー…。
 まあHP7だからギリギリ生きてるか。(笑)
 ただHP2を下回ったので、一時的に意識不明だね。
 今は落ち着いて眠りについている。

風見
「ともあれ、今日一日様子を見て、明日同行されるか決めればよろしいでしょう」


相楽
 今飲んでる薬の効果ってどんなの?


キーパー
 薬の効果?
 ぶっちゃけハーブティと葛根湯の愛の子みたいなもんじゃないかな。

虎五郎
 気は心ーみたいなー。


風見
 この時代ですからねえ……まあ、きちんと効く薬草とかもあるでしょうが。

相楽
 メタな内容でいうと何かあるの?

キーパー
「応急手当」の内に含まれてます。
 対処療法といってよいかと。

虎五郎
 HPは回復するのか。

キーパー
 医術じゃないので根源的回復にはならない。

風見
「俺が馬を走らせ、医者を連れてきましょうか?」


相楽
 根源的回復の部分で医者に匙投げられてるんだよね?

キーパー
 そうだね。
 まぁ医術スキルがどの程度あるのかは謎だけど。

相楽
 ヤブか。


キーパー
 ただ、当面は安定したと思っていい。
 判定がまた起こらない限りは。

虎五郎
 早くトコヨ蟲をとりに行こうぜー」そわそわ


風見
 ともあれ、医者を呼ぶなら呼びに行くし、そうじゃないなら今日はもうそっとしておくしかないでしょうねえ。


キーパー
 祈祷で治す時代にしては頑張ってる、といったところかな。
 ルール的には、応急手当で治った以上には、もう今日は治らないしね。

虎五郎
 はうぅ。


風見
 では、今日は様子見ですな。

相楽
 最大値回復してるもんな
 応急手当要員が二人いるのは、ある意味有利なのか

キーパー
 それこそ、その先は術か呪文の世界だね。

ベンジャミン
「Oh、チョットマッテクダサーイ。
 雪姫様の件で、チョットワターシの話を聞いてクダサーイ」

風見
「何か妙案でも?」


相楽
「そういえば、推理がどうとか言ってたな」


風見
 拝聴しましょう。


ベンジャミン
「妙案というワケではなく、私の考えが正しければ、かなり自体は切迫してイマース」


キーパー
 ゴクリ。

虎五郎
「せっぱく…(゜゜)」


沙良
「確かに」


ベンジャミン
 今日、私の同胞が殺されてマーシタ。

虎五郎
Σ( ̄□ ̄;)


風見
「ああ、俺が発見した彼ですね」


ベンジャミン
 ええ。
 面倒なので、先に書いておいた文面垂れ流しマース

 刀傷が達人のそれと違うと聞いて、物取りの仕業かとおもいマーシタ。
 シカーシ、どうも彼を殺したのは、そうではないようデース。
 何故なら、彼が死んだときには、お金を持っていたからデース。
 そして、彼はこれから九州方面に向かおうとしていたところでーす。
 ワターシは先日のうちに、丁度手紙を送ってもらうつもりデーシタ。
 九州に向かう同胞が、そんなにいるとは思えマセーン。
 ところが、彼は手紙を持っていませーん。
 そして、彼から受け取った十字架が熱をもってました。
 これは、どうも遺体に火を放とうとしていたようデース。
 つまり、この遺体が誰だか解らないようにしようとしていたと思われマース。
 これらから推測するのに、ワターシの手紙、つまり、雪姫様の病状や、
 まぁあともう一件雪姫様に関わる事なのですが、これが豊後国の医療に詳しい同胞に届くことを嫌った者が、
 行ったと考えるのが妥当ですガッデーム。
 これは、昨日、私達の他にアノ場に我々以外に誰かが居た事と、その者が邪魔をしていると思われマース。
 サガーラサンなら意味が解ると思いますが。
 雪姫様のアレの事を知られると困る者が近くにイマース。
 誰かが雪姫様をネラッテマース。ファック。
 狙っていると言っても、雪姫様の命や財産を狙っているのとは、ちょっと意味が違いマース。
 何故なら、命を狙うなら正直いままで、いつでも狙えたでしょうし、
 財産は狙う程アリマセーン。
 そして、先ほど「鬼を見た」という住職とあいまーシタ。
 その鬼は、トラやアカーネが見た「いぼいぼの天狗」と同様、内臓ムシャムシャしてたヨウデース。
 この鬼ですが、食べる臓物を、美味しいか否かで選り分けていたヨウデース。
 私が思うに食べていた者からみて「霊的な力」や「鍛えた心」など、スピリチュアルな点で格が高い者を好むのではとオモイマース。
 同胞が殺された件を見て、思ったのですが。
 鬼か天狗その者か、それに加担するものが雪姫様の内臓狙ってマース。
 なお。
 笑うところは「財産は狙う程アリマセーン」のトコデース。


風見
 はっはっは

キーパー
 ぶほ。(笑)

沙良
 HAHAHA


虎五郎
「(@@;)ええと…」


風見
 と言う事は、姫は連れて行かないとダメだな。
 留守にすれば、絶対にやられる。
「内臓を食う鬼……いやな予感がするな」

虎五郎
「内臓食う鬼って…あのオレ見た昔。
 …食われてたのはテングだけど」


ベンジャミン
 顔を近づけて「何かご存知で?」


キーパー
 ドギャーン
 でも目が合わない不思議。

虎五郎
 心なしかのけぞって
「見たってだけだけど…テングに襲われた時助けてくれたおっちゃんが…。
 おっかけていってみたら、テングの内臓食ってた」(。。)


風見
「俺の師匠も、内臓を食われた……食ったのは兄弟子だがな」


ベンジャミン
「ほう。
 では、その内臓食ったアニデスサーンは、いまいずこ?」


風見
「解りません。
 そいつを斬ることが、俺の人生の目的の一つでもあります」


虎五郎
「兄ちゃんの兄ちゃんが、あのおっちゃんなのか?」


風見
「虎、お前の会ったのは、かくかくしかじかの二刀流のでかい男か?」


虎五郎
「うん。刀二つ持ってた。ごつかった」
 かくかくしかじーか


風見
「……そうか」
 と、ここでやっと結びつける。(笑)


キーパー
 ゴゴゴゴ

ベンジャミン
「OH、カザミサーンは、まさに渡りに船の矢切のワターシネー」


相楽
「比叡山に現れた鬼も二刀流だったそうじゃ」

虎五郎
「!寺燃やしたのあいつかっ!」


風見
「……いずれにしろ、その鬼は俺と因縁があるようだ。
 俺も、今回の事件、本気で肩入れしないといけないようだな……」